ガルシニアとダイエット

ガルシニアとダイエットガルシニアとは、正式名をガルシニア・カンボジア(Garcinia cambogia)と言います。
ガルシニアは、インドやスリランカなどの南アジア原産の植物です。オトギリソウ科の酸味のある果物で、現地では古くからカレーの味付けや魚の保存などに使われてきました。

ガルシニア
の皮に含まれているヒドロキシクエン酸(HCA)にはブドウ糖を脂肪に変えるのを抑える働きがあると言われています。
食べたものは、糖からブドウ糖に変わりエネルギーとして使われまが、この時にエネルギーとして使用されず余ったブドウ糖は脂肪となって体に蓄えられてしまうので太るのです。
ガルシニアを摂ることにより、ブドウ糖を脂肪ではなくグリコーゲンに変えることができます。グリコーゲンはエネルギーとして利用しやすい性質をもっています。そのため余分な糖が脂肪にならず、エネルギーとして効率よく燃やされるようになります。

また、ガルシニアは満腹中枢を刺激し、空腹感を感じさせなくする作用もあり、自然に食事量が軽減されることも特徴のひとつ。さらにはリバウンドも起こりにくいとされ、ダイエット食品として注目を浴びている。 ガルシニアは食前30分くらい前に摂取するのが効果的だとされている。

というわけで、ガルシニアは、脂肪燃焼の効率をあげることができて、ダイエットに有用といわれています。

スポンサードリンク

Comments are closed.

スポンサードリンク