セロトニンとダイエットの関係

スポンサードリンク

ダイエットをしている時に、いつもより強烈か空腹感や食欲を感じることがあるでしょう?と聞かれると、「そうそう、その通り」と感じる人が多いのではないでしょうか。

食事制限をしていれば足りない栄養を要求すると言うことで、空腹感を感じるのは当然です。しかし、ダイエット中の強烈な食欲の原因は別の所にあるようですよ。

最近の研究によると「セロトニン」という物質が関係していることがわかってきました。

セロトニンは、食欲に関係する神経細胞の間の情報伝達を行っている物質(これを神経伝達物質と言います。)のひとつなのです。食事をして満腹になると、脳から「もう食べたくな~い!}と言う信号を、セロトニンを放出するという方法で他の神経細胞に伝えています。 さらに神経細胞にはセロトニンを感知するセンサーである「セロトニン受容体」がついていて、このセロトニン受容体が食欲を抑える働きをしていると考えられているのです。

さて、ダイエットをすると血液の中のトリプトファンというアミノ酸が減ってきます。トリプトファンは、セロトニンの主な原料ですので、ダイエットによってセロトニンを十分に作り出せない状態になり、その結果食欲を抑えられない状況になってしまうようです。

この一連の動きはすでに実験で確認されていて、学会誌にも発表されています。

ということで、ダイエットを成功に導くためにセロトニンが重要なキーポイントになってくるかもしれない…ですね。

スポンサードリンク

Comments are closed.

スポンサードリンク