スリムが続かないダイエット法

スポンサードリンク

従来からのダイエット法の王道といえば、「有酸素運動」+「食事制限」の組合せでしたね。これですと、一時的な見た目の痩身効果は期待できるでしょうが、あまり効果的ではありません。長い目で見ると逆効果にもなりまねないので要注意です。

なぜか?

ジョギングや水泳などの有酸素運動は、体脂肪を燃やしますが、同時にかなりの筋肉も消費します。ですので、見た目のサイズは一時的に下がりますが、運動をいやめればすぐに、それこそアッというまに元に戻ってしまいます。しかも、サイズが元に戻った、戻したものは体脂肪なので、筋肉の占める割合はダイエット前よりも減ってしまっています。つまり、あなたの身体の基礎代謝量も確実に減ってしまったという事、これが現実なのです。

極端な食事制限ダイエットでも同じような事が起こります。もうおわかりでしょうか。「有酸素運動」+「食事制限」型ダイエットは、あなたの身体の基礎代謝を減らしてしまい、かえって痩せにくくしてしまうことになるのですね。

ダンベル体操痩せやすい体作りをしたいのであれば、まずは短期的なサイズの変化にとらわれず、エクササイズなどの無酸素運動で筋肉を太くするのが先決です。そして、体脂肪を燃やしやすい体を作り上げてから、必要に応じて有酸素運動や食事制限とうまく取り入れていくと、あなたのダイエットも成功し、期待した体型が得られる事になるでしょう。

急がば回れ…、含蓄のあることわざですね。

スポンサードリンク

Comments are closed.

スポンサードリンク