ピラティスダイエットってどうよ

2011/12/24 土曜日

ピラティスって何よ?

スポンサードリンク

「ピラティスダイエット」とは、楽な姿勢で、呼吸を基本に楽な動きをするだけのダイエット法です。
ピラティスの考案者、ジョセフ・ピラティス(ドイツ人)は病弱だったため、さまざまな健康法を研究し、その結果として「正しい呼吸法」が「正しい姿勢」「正しい身体の動き」を導くのだと言うことに気づきます。そして生まれたのが「ピラティス・ダイエット」なのです。
その後、ピラティスダイエットに運動生理学が取り入れられ、「ストットピラティス」という現在のエクササイズにつながっていきました。。
ピラティス・ダイエットは、ハリウッドの超有名俳優・女優などのセレブががスタイルを維持するためにこぞって取り入れており、日本でもセレブの間で人気急上昇中の最新フィットネス&ダイエットなのです。

ピラティスダイエットの方法

ピラティスは、通常のエアロビックスのように体を激しく動かす運動ではありませんので、誰でも気軽に始めることができて長く続けやすいと言うことがメリットとしてあげられます。

ピラティスダイエットの具体的な方法ですが、まずは呼吸法を覚えることからはじめます。ピラティスダイエットには仰向けに寝て、ひざを立てた状態が基本姿勢になります。
その状態でエクササイズを行うのですが、姿勢・呼吸・筋肉すべてに意識を集中させ、息を吐くタイミングでエクササイズを行います。

ピラティスは、仰向けに寝て、ひざを立てた状態の基本姿勢に始まり、骨盤は正しい位置で安定させます。これが不安定だと、骨盤の上の背骨の力ーブが歪み、背骨が衝撃を吸収してくれないのです。ろっ骨も背骨の理想的なS字力ーブを維持するために正しい位置で安定させます。

肩から背中上部にかけては骨と骨の結合が少ないので、肩甲骨がとても不安定になります。
しかし、肩甲骨も安定させなければなりません。
肩こりの人は、肩甲骨が本来の位置から外れて不安定なため、肩の筋肉に負担がかかっているのです。
ピラティスでは、首と頸椎は起きているときと同じポジションをとります。

ピラティスは呼吸法が重要!

エクササイズでは、胸式呼吸をしながら腹横筋を正しく使うことによって骨盤をを安定させ、背筋や腹筋を鍛えて代謝を高め、脂肪を燃焼してボディラインを引き締めます。
腹横筋を正しく使うことによる骨盤周辺の安定化に重点が置かれ、さらに肩周辺や背中下部の筋肉の安定と、これによる首などへの余分なストレスの軽減など、より安全かつ効果的なエクササイズに仕上がっています。

ピラティス、9つの効果

ピラティスには、9つの効果が期待できます。

  1. ストレス解消
  2. 肩こり・腰痛の解消
  3. 柔軟性アップ
  4. 体のバランスが良くなる
  5. 自分の体の弱点がわかる
  6. 姿勢が良くなる
  7. むくみの解消
  8. 便秘の解消
  9. ボディーラインの引き締め

スポンサードリンク