美味しい秋のダイエット、食欲コントロール

2011/3/10 木曜日

スポンサードリンク

秋は食べ物が美味しい季節。いけないとはわかっていても、ついつい食べ過ぎてしまうのが我ら凡人の悩みの種。
ついつい食べ過ぎて、今まではけていたスカートが入らなくなった…なんてことにならないように、旺盛な食欲をうまくコントロールして、スリムな秋を過ごしましょう。

食事のとり方

食事をする上で一番必要なのは、ゆっくりと良く噛むこと。そうすることで、満腹感が得られやすくなります。目安は30回噛むように心がけることですね。
次にに、食べる順番を見直しましょう。ドカ食いや過ぎた食事量を抑えるためにも重要ですよ。どのようにするかというと、まず最初にみそ汁やスープ類(汁物)をとること。汁物は水分で空腹が和らぎ、早食いや食べ過ぎを抑えることができます。汁物の変わりに、野菜ジュースやお茶をまず一杯飲むのも効果的ですよ。

香りで食欲抑制

アロマテラピーで、食べたい気持ちを落ち着かせる香りを持つものがあります。これをうまく利用することで、行き過ぎた食欲を落ちるかる効果かを得ます。
食欲抑制の効果がある香りとして、代表的なものが3つ程あります。

グレープフルーツ

爽やかな香りで食欲を抑えるほか、脂肪の燃焼を促進させる効果も期待できるそうです。

パチュリー

甘さのあるスパイシーな香りで、肌を若返らせる効果もあります。

ペパーミント

ガムや歯磨き粉に使われているのでお馴染みですね。ス~ッとする爽やかで刺激的な香りがリフレッシュ効果を醸しだし、過食を防ぎます。

アロマオイルは、ハンカチやお湯の入ったコップに数滴垂らすことで手軽に楽しめます。

ツボで食欲抑制

食欲に負けてしまいそうな時は、ツボを刺激することで行き過ぎた食欲を抑えることができます。
まず、掌にある大腸と、耳にある飢点のツボを押してみましょう。
「5秒押して、5秒休む」を5回繰り返します。すると、胃腸の働きがコントロールされて、食欲が収まるそうですよ。これはいつでもどこでも実行できるので、大変に重宝するのでは。

サプリメントで食欲抑制

ダイエットに効果のあるサプリメントは、食欲を抑制する効果を持つものもあります。

ガルシニアカンボジア

アジア原産の柑橘系植物。含有成分であるヒドロキシクエン酸が有効成分で、脂肪の合成を阻害するはたらきがあります。また、食欲も抑制されるので自然と食べる量も滅るという副次的な効果も期待できます。

テアニン

緑茶に含まれる成分で、脳や神経機能に作用して、リラックス効果のあるセロトニンやドーパミンを増やし、脳波ではアルファ波を増やし、興奮を抑えリラックス効果が得られる他、安眠にも効果があるといわれています。
ストレスによる過食の予防に効果的かも。

フーディア

フーディアに含まれるP57という物質が、満腹中枢を刺激し、脳にブドウ糖が入ってきたと錯覚させ、空腹感を軽減してくれるそうです。
肥満につながる食べ過ぎは、空腹感が満たされないことが大きな原因と考えられますが、食事の前にフーディアを摂取すことで、空腹感が軽減され、自然と食べる量も減ることになります。その結果、肥満を防止できるということになります。

スポンサードリンク