食後のデザートはダイエットの敵??

2010/9/20 月曜日

甘いものが大好きな女性はたくさんいますよね。ひょっとしたら貴方もですか?

しかし、甘いものは好きだけど、体重のことを考えるとコワクて食べられない、食べるのがコワイと思う人も多くいることでしょう。

甘いものを食べ過ぎるのは確かに良くありません。それでは、食後のデザート(甘いものですよね)も極力控えた方がよいのかというと、どうやらそうでもないのですねぇ。

甘いものを食べると、何となく嬉しいというか何というか、幸せを感じるのではありませんか?その時、幸せを感じている時、貴方の脳から「セロトニン」を言う物質が分泌されているはずです。セロトニンはダイエットを成功に導く重要な要素のひとつです。甘いものを禁止し、そのためにストレス過剰となってしまうと、逆に過食を引き起こしてしまうことにもなりまねません。ダイエットには逆効果ですね。
snk1026.jpg
食後のデザートは、満腹中枢にメリハリをつけさせるという意味では重要な役割を果たしています。ただ、そこで何を食べるかと言うことには注意しておいた方がよいようです。一番のオススメデザートは、食物繊維タップリで、ビタミン類も豊富なクダモノですね。油で揚げてあるスナック類や、生クリームタップリのケーキ類は避けておくのがダイエットのためにも賢明でしょう。

どうしても食べたい時は、極少量にとどめるようにしましょう。
太りたくなければ…ね。

スポンサードリンク